Synergy買ったよ

2017-03-07

Synergyは、PC間でマウスとキーボードをシェアできるソフトウェア。買い切りで有料。https://symless.com/synergy/

現在メインでWindows、時たまメインでLinuxを使っていて、たまにLinuxのデスクトップを平行して使うときがあるので、その時にSynergyを使いたい。

よって、

  • Windowsマシンのマウス、キーボードをLinuxマシンとシェア。
  • Linuxマシンのマウス、キーボードをLinuxマシンとシェア。

をやる。

暗号化通信なしで、その他の機能はすべて使える19$のプランを買った。(2016-03-06)

ほぼ、ダウンロードして起動するだけ

Synergy BASICかPROを買うとシリアルキーがもらえるので、ダウンロードして起動したときに使う。

Windowsマシン(サーバー)

Windowsマシンのマウス、キーボードをシェア(サーバー側)。サーバー側マシンはIPを固定しておく。Windows 10 IPの固定http://www.akakagemaru.info/port/windows10-ipaddress.html

>Synergyを起動すると、クライアントかサーバーか選べるので、サーバーを選択。ここでシリアルキーが必要だった気がする。

Picture

上のメニューバー(?)の Edit -> Settings でこのマシンのスクリーン名とかを設定。

Picture

Configure Server でスクリーンを追加したりレイアウトを設定したりできる。

Picture

設定したら、start ボタンを押してサーバーを起動、エラーが出ないことを確認。Windowsマシンは以上。

Linuxマシン(サーバー)

LinuxマシンはGentoo Linux。Gentooじゃなくても、ほとんどのディストリビューションでレポジトリにパッケージがあるはず。

Synergy インストール(なるべく最新を)


emerge -a =x11-misc/synergy-1.8.6

                                   

qsynergy打つとWindowsのときと同じGUIが表示されるので同じようにシリアルキーでアクティベートしてサーバー設定して完了。これまた start ボタン押してサーバーを起動、エラーが出ないことを確認。そのままウィンドウ消してもバックで走ってくれる大丈夫。あとは、IPの固定とファイアウォールの設定して完了。

Linuxマシン(クライアント)

マウスとキーボードをつながない側のマシン。設定するときはマウスとキーボードが必要。

さっきと同じ要領でSynergyをインストールしたら、起動してアクティベート。スクリーン名を設定しておく。サーバーに接続するときは、synergyc [ip address] を使う。今回だと、サーバー側のIPを192.168.1.128で固定したので


//例
synergyc 192.168.1.128

                                   

これでマウスとキーボードがシェアできていることを確認したら、あとは自動起動するように設定する。環境は Gentoo + Awesome WM で、ログインマネージャなし。

自動ログイン。/etc/inittabを一行編集。これでユーザ名usernameに自動ログインできる。


#c1:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty1 linux
c1:12345:respawn:/sbin/agetty -a username --noclear 38400 tty1 linux

                                   

自動X起動。~/.bash_profileに以下を追加。自動でstartxさせる。


if [[ -z $DISPLAY ]] && [[ $(tty) = /dev/tty1 ]]; then
     exec startx;
fi

                                   

自動synergyクライアント起動。~/.xinitrcに以下を追加。ただしキーボードレイアウトの設定より前。


synergyc 192.168.1.128

                                   

完了。